二次会代行で失敗しないための注意点

気兼ねなく結婚式の二次会をしたい!二次会代行を頼むときのポイント

結婚式の二次会の幹事、誰に頼む?

結婚式の二次会代行とは、その名の通り、二次会の準備や進行を新郎新婦や参加者に代わって行なってくれるサービスです。 披露宴では結婚式場のスタッフが色々なことを手配してくれますが、カフェやバーなどを貸し切って行なう二次会ではそうもいきません。 そこで、二次会代行に仕事を依頼するというわけです。

二次会代行はどのようなサービス?

人生の大きな節目である結婚。
挙式と披露宴を済ませた後は、緊張から解放されて素直に話に花を咲かせたいですよね。
披露宴の後に二次会を開きたいと考える新郎新婦は多いと思います。

結婚式の二次会は、挙式や披露宴のように格式張らずに、カジュアルに行なうのが一般的です。
追加料金を支払って披露宴の会場をそのまま使わせてもらえることもありますが、おしゃれなカフェやバーを貸し切り、知人に幹事をお願いして進行することが多いようです。

二次会の内容では、乾杯の後に披露宴に呼べなかった人の為にムービーを流したり、ビンゴ大会やカラオケをしたり、ケーキ入刀を再度行ったりするプログラムが人気です。

しかし、そんな結婚式の二次会を行なうには、誰かに幹事を頼み、事前準備をする必要があります。
自分たちで「新郎新婦入場」と言う訳にもいきませんし、会費を集めるのにも受付係が必要です。
いくら謝礼を払うと言っても、友人に頼むのは少し勇気が要りますよね。
できれば、そんなことを頼める仲の良い人ほど二次会で楽しんでほしいので、そこで仕事をお願いするのは…とジレンマを抱えてしまう方も多いそうです。

また、自分たちでもケーキや景品を発注したり、音響や写真撮影スタッフを手配しなければならないこともあるかもしれません。
挙式と披露宴の準備だけでも大変なのに、そこまで手が回らない!という新郎新婦も多いはず。

そんなときに頼りになるのが「二次会代行」です。
結婚式の二次会の進行や準備を代行してくれるこのサービスは、近年需要が高まっているようです。
どのようなものか、見ていきましょう。

二次会代行を頼むときは、新郎新婦は何をすればいい?

二次会代行は二次会における煩わしいことを代行してくれますが、新郎新婦の希望を叶えた二次会をするためには、打ち合わせが必要です。 また、当日はどのような風に新郎新婦と連携してくれるのかも気になりますよね。 ここでは、二次会代行を頼んだときの流れをご紹介します。

二次会代行を頼むときの注意点

いいことづくめの二次会代行ですが、会社の選び方やプログラム設定などで注意した方がいいこともあります。 折角の二次会、失敗しないためにも事前に対策をしておくことが大切です。 ここでは、ありがちな失敗と、それを防ぐためのポイントをまとめましたので、ご参考にしてください。

上へ